結婚に関する不安で調子が悪くなったのなら

困難を二人で乗り越える

男女

二人で医師に相談してみる

結婚を控えてパートナーがマリッジブルーになってしまったとき、心がけたいのが話し合いの場を持つということです。実は、結婚を目前に控えてパートナーがふさぎ込んでしまい、それを軽くあしらってしまったところ、修復ができなくなってしまったというケースは世の中に星の数ほどあります。ちょっとしたことが、二人の間に修正不可能な亀裂を作り出してしまう事があるため、マリッジブルーに対する対処は間違うと後々大変です。そうならないためにも、二人でしっかりと話し合う場を設けることが何よりも大切です。パートナーが抑うつ状態になってしまったら、必ず寄り添ってあげることです。忙しいからと言って相手にしなかったり、軽くあしらうことは絶対に避けたほうが良い対処方法です。ただ、パートナーの抑うつの状態によっては、一人では受け止めきれないこともあります。また、話し合いをしても問題解決の糸口が見えない時には、専門家の力を迷わず借りることです。心療内科や精神科のところには、マリッジブルーに関する悩みも多数寄せられていて、症状に合わせて具体的な解決策を提示したり、薬を処方してもらうことも可能です。二人でなんとかしようとせず、医療機関に相談することも解決に繋がります。

万が一マリッジブルーになったとしても、恥ずかしいと感じたり、ましてや、自分を責める必要はありません。多かれ少なかれ既婚者の殆どが通る道なので、自分を責めないことです。では、具体的にどのように対処をすればよいのか、詳しく解説することにします。まず、結婚を控えた抑うつ状態に対しては、夫婦二人三脚で対処をすることを基本とします。なぜかと言えば、これは結婚後の予行演習になるからです。あのときも一緒に問題を乗り越えたということが、夫婦の絆を強めることにもなります。そこで、まずは二人で精神科に相談するようにします。仕事や結婚の準備が忙しくても、これは二人にとって重要なことであるため、時間を作ってでも病院にかかってきちんと相談をすることです。マリッジブルーの場合、なぜ二人での受診を勧めるのかと言えば、相手の心理状態を知ることに繋がるからです。抑うつ状態の原因はどこにあるのか、また、どのような対処法があるのかを知っておけば、マリッジブルーに悩んでいるパートナーを支えてあげる事ができます。忙しさに流されること無く、しっかりと時間をとって病院にかかることが解決への近道になります。結婚の準備は二人で行うことなので、マリッジブルーも二人で乗り越えましょう。

Copyright© 2020 結婚に関する不安で調子が悪くなったのなら All Rights Reserved.