結婚に関する不安で調子が悪くなったのなら

男女

困難を二人で乗り越える

パートナーがマリッジブルーになったり、抑うつ状態に陥ってしまった場合、これは必ず二人で乗り越えるべき事柄です。この問題を乗り換えるためにも、医療機関へは二人揃って受信をすることで、相手の心理状態を理解できます。
悩む成人女性

自分の心と向き合う

マリッジブルーという病名はなく、抑うつ状態の一つとして考えられています。しかし、このような症状が現れた時には、必ず自分の心と向き合い、問題はどこにあるのかをきちんと突き詰めることが解決の糸口になります。

結婚前の不安

新郎新婦

結婚前に不安に襲われたら治療を受けよう

結婚というのは人生にとって大きな転換期となるので、とても幸せなことですが、ストレスやプレッシャーが心にかかってしまいます。それらが落ち込みやつらさなどの症状になって、身体に襲いかかってくることがあります。その気持ちはマリッジブルーと呼ばれていて、少なくはない数の方が症状を経験したといっています。そのため、マリッジブルーになったとしても、決して結婚が嫌になったのではないので中止するという決断は早急だといえるでしょう。ただし、マリッジブルーは放置しておくと、どんどんひどくなる可能性があるので落ち込みやつらさがひどいのなら、精神科や心療内科のドクターに頼ることを考えなければいけません。マリッジブルーはうつ病に似た症状が起こるため、大変ならばしっかりと治療をすべきです。放置をしていて心にダメージを蓄積させてしまうと、本当のうつ病になってしまう可能性もあるので、そうなるまえにきちんとケアをしましょう。なお、マリッジブルーというと女性のほうばかりクローズアップされがちですが、もちろん男性もかかってしまう場合があります。そのため、男性も心に不調があると感じたのなら、精神科や心療内科にてしっかりと調べてもらうことをおすすめします。

マリッジブルーかもしれないと感じているのなら、精神科や心療内科を訪れたときにしっかりと伝えるようにしましょう。うつ病と似た症状が起こるということは、結婚が近いと伝えなければうつ病だと診断されてしまうかもしれません。そうなってしまうと、治療方法が変わってしまうことがあるので、きちんと『結婚が近く憂鬱な気分を感じている』ということをドクターに話すべきです。なお、初めてメンタル系の医療施設を訪れるのなら、事前に連絡をして予約をするのを忘れると診てもらうことができないので気をつけましょう。内科や外科を訪れる感覚ではなく、歯科を訪れる感覚だと考えるとよいです。電話をかければ、予約が取れる日時を教えてくれるため、都合のよい日にマリッジブルーの症状を診てもらいましょう。ちなみに、大人気の医療施設は大変混んでいて、予約が数ヶ月後になる可能性もあります。それでは、結婚までに間に合わないケースもあるので、早めに診てもらえるところを探したほうがよいです。予約が取れるかどうかは電話をすればすぐに分かるため、通える範囲内にあるメンタル系のクリニックと連絡を取ってみましょう。一つあたり、数分程度で確認ができるので、すぐに診てもらえるところを簡単に見つけられます。

ペアリング

結婚式を控えた方の不調

結婚式前のうつのような症状はマリッジブルーのせいかもしれないので、結婚が嫌になったと勘違いしないようにしましょう。メンタルクリニックなら専門家に診てもらえ、心の不調の原因がマリッジブルーだということがハッキリして安心できます。
男女

適切な対策をしよう

マリッジブルーは女性だけでなく男性も発症することがあり、重度になるとうつになることもあります。セルフケアによって解消することもできますが、上手く解消できない時には専門家を頼ることも大切です。保険が利用できるので、費用はそれほどかかりません。

Copyright© 2020 結婚に関する不安で調子が悪くなったのなら All Rights Reserved.